サービス


フロン排出抑制方対応「簡易点検・定期点検のご案内」 業務用空調機器をお持ちの皆様へ 平成27年4月1日(フロン排出抑制方施行)より 全ての業務用空調機器の点検が義務化されました。 →機器をお持ちの皆様(管理者)に課せられる義務

冷凍・空調機器の簡易点検、定期点検の実施

機器の点検、修理、充填、回収等の記録と保存

1年間に CO2 換算で 1000 CO2t 以上漏洩した事業者(合計)は、国へ報告

!

違反した管理者には次のような罰則が科せられます!

  • 冷媒フロン類をみだりに大気中に放出した場合
    →1年以下の懲役又は50万円以下の罰金
  • 管理者の判断基準(機器の点検、漏洩対処、記録と保管)に違反した場合
    →50万円以下の罰金
  • 【管理の適正化】の実施状況等の報告の求めに対し、未報告、虚偽等の場合
    →20万円以下の罰金 等

お手伝い致します

所有者(管理者)の皆様に代わって点検のサポートを致します。


点検には定期点検簡易点検二種類があります

第一種特定製品(フロン類が充填された業務用空調機器)を所有する皆様(管理者)は法に基き管理の適正化に努める事が必要となります。管理している機器の規模によって、次のように「機器の定期点検」「点検の記録・記録の保存」等が順守事項となります。

点検内容

点検種別 対象機器と規模 点検内容 点検頻度
簡易点検 全ての機器 目視確認による
機器の異常音・異常振動
外観の損傷・腐食・錆・油にじみ・熱交換器の霜付き 等
3ヶ月に1回以上
定期点検 空調機器 50kw以上

<有資格者が実施>

目視確認等
間接法
機器の運転状況などの記録などから判断
直接法
発泡液や蛍光剤で確認
1年に1回以上
7.5 〜 50kw 3年に1回以上
冷凍・冷蔵機器 7.5kw以上 1年に1回以上

点検の記録・記録の保存

機器の点検、修理、充填、回収の履歴は、対象機器を廃棄するまで記録を保存しなければなりません。

漏洩量の報告

1年間にフロン類をCO2換算で1,000CO2t 以上漏洩した事業者は国へ報告しなければなりません。

【フロン排出抑制法に関するお問合せ先】

経済産業省 オゾン層保護等推進室 TEL(03)3501-4724
環境省 フロン等対策推進室 TEL(03)3581-3351
東京都環境局 環境保安課フロン対策担当 TEL(03)5388-3471
新宿区西新宿 2-8-1 東京都庁第二本庁舎内